ケアマネジャーの仕事内容とは?求人や給料、特徴を解説!

介護業界で働いていたり、今後働こうと考えている人は、「ケアマネジャー」について聞いたことがある人がほとんどでしょう。それでも実際に「ケアマネジャー」を目指してみようとなると、事前に知っておきたいことがたくさんあるはずです。

  • 「ケアマネジャーの仕事内容を知りたい」
  • 「ケアマネジャーにはどうやってなれば良いの?」
  • 「夜勤はあるの?」

こういった疑問を持つ方に向けて、今回は「ケアマネジャー」の仕事内容や給料、求人についてまで詳しく解説していきます。

ケアマネジャーの概要

まずは、概要を簡単にまとめておきます。

ケアマネジャーの概要
事業形態 施設型、居宅型
給料 月給23万円~43万円
資格 ケアマネジャー
夜勤 なし
仕事内容・特徴 ・高齢者や家族からの相談
・ケアプラン作成
・要介護認定の申請代行
・モニタリング
・その他

次に、それぞれについて詳しく説明していきます。

ケアマネジャーの事業形態

ケアマネジャーとは?

ケアマネジャー(介護支援専門員)とは、介護を必要としている方に対して、適切な介護サービスが利用できるように支援を行う、介護保険に関する専門家です。

ケアマネジャーの仕事は、利用者様やご家族、各関係機関との間を繋げ、最適な介護サービスが提供できるように支援することです。そのために、高齢者本人やご家族からの相談を受けて、必要な介護サービスを判断してケアプラン(サービス計画書)の作成や、各関係機関やサービス事業者との連絡調整を行います。また、要介護者の状況に合わせた介護サービスへの変更や、適切な介護が提供されているか等の管理を行います。

居宅ケアマネと施設ケアマネの違い

ケアマネジャーは大きく2つに分類されます。

◆ケアマネジャーの種類

  • 居宅ケアマネジャー:自宅で生活をしている要介護者に対して支援を行う
  • 施設ケアマネジャー:介護施設に入居している方に対して支援を行う

居宅ケアマネジャー

居宅ケアマネジャーは、自宅で生活を望む利用者様に対して、自宅生活が継続していけるように介護サービスを提供します。

支援を行う場所は自宅になるため、自宅を訪問し、利用者様の生活状況や環境を把握して、課題やニーズ(アセスメント)を判断し、必要な介護サービスを提案します。さらに、サービス事業所や各関係機関と連絡調整を行い、ケアプランを作成してサービス担当者会議を開きます。

※サービス担当者会議というのは、ケアマネージャーが居宅サービス計画の作成のために、利用者及びその家族の参加を基本としつつ、居宅サービス計画の原案に位置付けた指定居宅サービス等の担当者を召集して行う会議のことです

介護サービスが適切に提供されていることの確認やモニタリング、利用者様が入院をした際の対応など、1人の利用者様に関わる時間が多くなることも特徴です。また利用者様ごとの介護保険請求業務もあり、居宅ケアマネジャーの業務内容は多岐にわたります。

それぞれの利用者様に対して、個別で対応をする必要があるため、居宅ケアマネジャーが担当することのできる件数は40人程度となっています。

施設ケアマネジャー

介護施設(特別養護老人ホーム・老人保 健施設・療養病床)や有料老人ホームなどの施設内で生活をしている入居者様に対して、安心して快適に施設生活を過ごせるよう支援を行います。

介護サービスは施設内で完結するため、訪問などの外出業務が無く、介護士や看護師、生活相談員などスタッフとの連携も取りやすいことから、施設ケアマネジャーが担当することのできる件数は、最大で100人程度となっています。施設内に利用者様がいるため、利用者様の様子や体調の変化を確認しやすいといった特徴もあります。

施設ケアマネジャーは、介護士やスタッフの人員不足解消のために、生活相談員との兼務や介護業務、場合によっては夜勤業務を行うこともあります。

ケアマネジャーの給料と求人

ケアマネジャーの給料

ケアマネジャーでの時給、月給、年収はおおよそ次の範囲となります。

◆ケアマネジャーの給料

時給:1,000円~1,700円

月給:23万円~43万円

年収:250万円~630万円

給料は資格、勤務年数、地域によって変わってきますので、自分が住んでいる地域での給料は、転職サイトなどを見ると良いでしょう。転職サイトについては、詳しくランキング形式にしているので、こちらをご覧ください。

【介護転職サイト】おすすめランキングBest10!~まとめて比較~

ケアマネジャーの求人

ケアマネジャーの求人は、非常に多くあります。

また、求人内容としては、常勤での求人が多く、非常勤募集は少ない傾向にあります。

介護職と同様に離職率や転職も多く、また資格取得をしても実際にケアマネジャーとして実務に就いていないという人もいたりすることから、ケアマネジャーの需要は多く、求人は後を絶ちません。

ケアマネジャーになるためには

資格取得が必須

ケアマネジャーになるためには、資格試験に合格しなければなりません。受験には、「介護福祉士」などの特定の国家資格を保有していたり、実務経験が必要です。

ケアマネジャーは求人も多く、魅力的な職業ですが、資格取得までのハードルが高いのも特徴といえるでしょう。

どのくらいの年数がかかるの?

では実際にケアマネジャーになるためには、どの程度の経験が必要なのでしょうか?

下記に、ケアマネジャーまでの道のりを図にしました。

もし未経験の方が、一般的な方法で、ケアマネジャーになるためには上のようなステップを踏む必要があり、最低でも5年はかかります。

しかし、逆にいえば、最短で5年でケアマネジャーになれるともいえます。また資格があるからこそ、年齢やそれまでの学歴などに大きく左右されずに、仕事ができます。

もしケアマネジャーの資格取得について詳しく知りたい場合は、こちらの記事を読んでみてください。

介護支援専門員(ケアマネジャー)の取得方法!資格取得後に給料は上がる?

ケアマネジャーの仕事内容と特徴

勤務形態と仕事内容

◆勤務シフトと1日の仕事のスケジュール

<居宅支援事業所:1日のスケジュール>

時間 仕事内容
8:20 ・出勤
8:30

・朝礼
・各ケアマネの1日のスケジュールを確認
・訪問やサービス調整、サービス担当者会議などの外出予定や自分の利用者様の情報共有などを伝える

9:00 ・要介護認定の書類作成やケアプラン作成などの事務作業
・電話対応やサービス事業所との連絡調整など
・新規利用者様の相談対応
*介護保険請求業務(月始め1日~10日)
*サービス提供票(利用者様が受ける介護サービスの票)作成・各事業所へ配布(月末)
12:00 ・昼食
13:00 ・モニタリング・サービス担当者会議のため利用者様宅訪問
・役所への要介護認定の申請・手続き
・入院中の利用者様に対しての病院や事業所との連携
16:00 ・支援経過記録や事務作業
18:00 ・帰宅

居宅ケアマネジャーは様々な業務内容があるため、自分でスケジュールを組んで管理していく必要があります。

<施設ケアマネジャー:1日のスケジュール>

時間 仕事内容
8:20 ・出勤
8:30

・朝礼・申し送り
※夜勤介護者からの申し送りや、日勤業務の予定、看護師等のスタッフからの連絡事項等の確認

9:00 ・電話対応や入居者様のご家族との連絡等
・要介護申請の書類作成やケアプラン作成
・介護業務サポート(入浴介助や排泄介助等)要介護認定の書類作成やケアプラン作成などの事務作業
11:30 ・入居者様の配膳準備や食事介助
12:00 ・昼食
13:30 ・入居者様の配膳片付けや口腔ケア等の介護業務サポート
14:00 ・入居者様の居室にてモニタリング・介護士や看護師等交えてのサービス担当者会議
・ケアマネ業務との兼ね合いを見ながら、介護業務サポート
・新規入居者様への相談や対応
16:00 ・夕方の申し送り
16:30 ・支援経過記録や事務作業
18:00 ・帰宅

施設ケアマネジャーは状況により、早番や遅番、夜勤業務など介護業務を行う場合もあります。

特徴:夜勤がない

ケアマネジャーには夜勤がありません。

これはケアマネジャーの仕事内容のメインが、ケアプランの作成だからです。身体介護など、いわゆる「介護」で想像するような仕事は行いません。そのため、夜間に業務を行う必要がなく、必然的に夜勤がなくなります。

ケアマネジャーのメリット・デメリット

ケアマネジャーのメリット

ケアマネジャーのメリットは3つあります。

◆ケアマネジャーのメリット

1. 収入が増える
2. 夜勤が無く、身体的負担が減る
3. キャリアアップや転職が有利

1つ目は、収入が増えることです。

ケアマネジャー資格取得には、福祉・医療系の国家資格を保有し実務経験を積む必要があり、また資格試験は介護系の資格の中では難関と言われています。

ケアマネジャーの仕事は専門職であり、資格が無くては行うことができません。そのため、介護職の中でも給与水準は高い傾向にあり、資格手当が支給される職場も多くあります。

2つ目は、夜勤が無いため、身体的負担が減ることです。

ケアマネジャーが行う業務は、ケアプラン作成等のデスクワークや利用者様宅への訪問など、全て昼間の業務になります。介護職のような早番や遅番、夜勤などの変則勤務が無くなるため、身体的負担が比較的減ります。

休日は土日や祝日など固定されていることも多く、家庭や育児を両立しやすい環境で働くことができます。ただし、一部の施設ケアマネジャーに関しては、夜勤などの変則勤務を行う場合もあります。

3つ目は、キャリアアップや転職が有利になります。

利用者様と介護サービスを結び付ける支援を行うことや、自治体や介護事業者、各関係機関との連携など、様々な経験をすることで仕事の幅が広がります。経験を積み重ねることで、ケアマネジャーとしての知識が増えキャリアアップに繋がります。

ケアマネジャーのデメリット

続いて、ケアマネジャーのデメリットですが、こちらは2つあります。

◆ケアマネジャーのデメリット

1. 5年ごとに資格更新が必要
2. 利用者様の状態により多忙なことがある

1つ目は、5年ごとに資格の更新が必要になるということです。

介護支援専門員には有効期限があり、期限が切れてしまう前に更新手続きと更新研修を受けなくてはなりません。

◆更新研修

  • 専門研修課程Ⅰ(56時間):6か月以上の実務経験の後に受講可能
  • 専門研修課程Ⅱ(32時間):3年以上の実務経験の後に受講可能

2つ目は、利用者様の状況により、忙しさに波があることです。

新規の利用者様については、生活状況の把握、介護サービスの調整等で何度もご自宅へ訪問をすることになります。

ケアプラン作成やサービス担当者会議が重なったり、入院中の利用者様が退院する場合もサービスの調整が必要になりますので、その時の状況で忙しさが変わります。

まとめ

今回はケアマネジャーの給料や仕事内容、特徴などについて書いていきました。

ケアマネジャーの仕事は、利用者様やご家族、各関係機関との間を繋げ、最適な介護サービスが提供できるように支援することです。それまでの介護業務とは打って変わって、書類作成や担当者会議、モニタリング等があります。また決められている仕事以外に、利用者様の状況によっては、仕事の範疇以外のことを行うこともあり、どこまで行う必要があるのかを迷うような場面も出てきます。しかし、そういったことを経験することで、介護についての知識や能力に幅が出てくることは間違いありません。

経験とともに給料も上がっていくため、ぜひ難しい試験を突破し、ケアマネジャーを目指して欲しいです。


【介護転職サイト】ランキングBest3!

第1位  きらケア

  • 求人数80,000件超
  • 介護資格取得支援
  • 派遣専門サイトもあり
  • ・求人数     ★★★★★
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★★
  • ・総合      ★★★★★
ここがおススメ!
求人数も多く、登録必須のサイト!! 
◆対応エリア  全国エリア   ◆特徴 第1位は「きらケア」です。「きらケア」は総合的に優良なサイトです。主な特徴としては、求人件数が80,000件超と業界トップレベルの件数で、特に主要都市での求人件数が多くなっています。また、独自のサービスとして、「介護職員初任者研修」の講座を無料で受けることもできます。そのため、他業種からの転職など、初めて介護に携わる場合には非常におすすめです。
     

第2位  かいご畑

  • 求人数10,000件超
  • 介護資格取得支援
  • 優良派遣事業者認定
  • ・求人数     ★★★★☆
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★★
  • ・総合      ★★★★★
 ここがおススメ!
転職すると介護資格が0円で取得できる!! 
◆対応エリア  北海道、関東、関西、北陸、東海、中国、九州地方 (北海道、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、岡山県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県)   ◆特徴 第2位は「かいご畑」です。「かいご畑」は資格取得支援制度に力を入れているサイトです。主な特徴としては、資格取得支援制度があり、転職者の資格取得支援を無料で行っているということです。未資格者が「介護職員初任者研修」の資格を無料で取れるだけではなく、介護職唯一の国家資格である「介護福祉士」の受験対策講座を受けることもできます。求人件数は10,000件程度で業界中堅クラスの件数で、対応エリアも限られていますが、エリア内の求人は充実しています。そのため、資格取得に意欲的な人には非常におすすめです。
     

第3位  スマイルSUPPORT介護

  • 求人数100,000件弱
  • 非公開求人多数
  • 人材コンサルタント
  • ・求人数     ★★★★★
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★☆
  • ・総合      ★★★★★
ここがおススメ!
業界トップレベル!求人数10万件!
◆対応エリア  全国エリア   ◆特徴 第3位は「スマイルSUPPORT介護」です。「スマイルSUPPORT介護は求人件数が多くバランスの取れたサイトです。主な特徴としては、100,000件弱の業界トップレベルの求人件数があり、特に主要都市での求人件数が多くなっています。地方についても、そもそもの求人件数が多いため、他サイトと比較すると充実しています。また、非公開求人が60,000件超あるため、他のサイトでは得られない求人情報を得ることができます。そのため、多くの求人情報からより良い職場を選択したいと考えている人は必須のサイトです。
     

番外編  きらケア介護派遣

  • 求人数20,000件超
  • 介護派遣に特化したサイト
  • 介護資格取得支援
  • ・求人数     ★★★★☆
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★★
  • ・総合      ★★★★★
ここがおススメ!
介護派遣に特化!資格支援制度もあり!
◆対応エリア  全国エリア   ◆特徴 番外編は「きらケア介護派遣」です。「きらケア介護派遣」は介護派遣に特化したサイトです。求人件数が20,000件超と介護派遣に特化しているのにも関わらず、多くの求人が掲載されています。また、姉妹サイトとして「きらケア」があり、このサイトと同様に独自のサービスとして、「介護職員初任者研修」の講座を無料で受けることもできます。そのため、「派遣」として働きたい人や介護未経験者には非常におすすめです。
 

この続きは下記の記事に詳しく書いています。こちらも参考にしてみてください。 【介護転職サイト】おすすめランキングBest10!~まとめて比較~