未経験でも介護支援専門員(ケアマネジャー)で正社員になれるか?

介護職で働く人の中には、介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格取得を目指し、勉強をしている人も多くいるのではないでしょうか。また、これから勉強していこうと考えている人もいるでしょう。

ケアマネジャーは、今まで歩んできた介護職とは少し違った世界になります。

未経験でも正社員になれるのかなど、不安や疑問も多くあるかもしれません。そこで今回は、ケアマネジャーの働く環境や雇用状況を紹介していきます。

ケアマネジャーの仕事と役割

ケアマネジャーの分類

ケアマネジャーは、「居宅ケアマネジャー」と「施設ケアマネジャー」に分かれており、それぞれ役割や仕事内容が異なります。まずは、この2つの違いを簡単に説明します。知っている方はここは飛ばして読んでください。

また、ケアマネジャーの仕事をもっと詳しく知りたいという人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

介護支援専門員(ケアマネージャー)の役割と仕事内容、給料、やりがいは?

居宅ケアマネジャーとは

居宅ケアマネジャーは、居宅介護支援事業所に所属し、自宅で生活をしている利用者の方に対して、必要な介護サービスを提供し支援を行います。

居宅ケアマネジャーは、自宅で生活している利用者の方を支援するため、利用者の方の自宅へ訪問をすることが多くなります。

居宅ケアマネジャーが担当することのできる件数は35人で、月に1度のモニタリングや、介護保険の更新、新しくサービスを導入する場合や、緊急時の対応などでも訪問が必要になります。事務所にいるよりも、訪問している時間の方が多くなることもあります。また病院への入退院に関しても、病院やサービス事業所との連携も必要ですし、地域包括支援センターとの連携も大切な仕事になります。

施設ケアマネジャーとは

施設ケアマネジャーは、入所施設に所属し、施設に入居している利用者の方に対してケアプランを作成して、日常生活が送れるように支援を行います。

施設ケアマネジャーの場合は、介護業務を兼任して行うことが多くあり、状況によっては夜勤業務も行います。

兼務することで、行わなければならない業務の幅が広くなり大変にはなりますが、入居者の方の様子を日々確認することができたり、信頼関係が築きやすくなったりというメリットもあります。

施設ケアマネジャーは、施設に入居している利用者の方のケアプランを作成するため、支援は施設内で完結します。新しく入居される方に関しては実態調査をしたり、入院している入居者の方のお見舞いなどに行く場合もありますが、基本的には外回りをすることはありません。

居宅ケアマネジャーのように、介護サービスを利用するための、様々のサービスの調整の必要がないため、施設ケアマネジャーが担当することのできる件数は100人です。

施設ケアマネは、介護職と兼務をしていることが多いです。場合によっては夜勤をすることもあります。

ケアマネジャーの求人や給料

ケアマネジャーの求人

ケアマネジャーの求人募集は正社員が圧倒的に多いです。仕事の性質上、自分が担当をしている利用者の方に対して責任を持つ必要があります。また、何かあった場合は対応しなくてはいけないので、勤務に制限のあるパートだと、なかなか対応しきれないという現状があります。

求人としては経験者で正社員で働ける人を求める傾向があるので、正社員として働きたい人にとっては困ることは少ないでしょう。

もしパートで働きたいと考えている人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

ケアマネジャーでもパートや派遣として働ける?時給はいくら貰えるの?

ケアマネジャーの給料や資格手当

ケアマネジャーの平均月給は約25万円前後位(賞与抜き)で、年収は約350~450万円位(賞与込み)です。(参考:『平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果』)

未経験の場合は、働く職場にもよりますが、平均よりも少し低くなるでしょう。介護職で夜勤手当を貰っていた場合は、状況によっては、介護職の時よりも給料が下がる場合も出てくることもあります。

しかし、まずはケアマネジャーとしての経験を積むことを第一です。経験を積んでいけば、だんだんと給料は上がっていきますし、転職にも有利になります。

資格手当については、だいたい平均で1万円前後です。職場によって金額には差がありますし、資格手当がつかない場合もあるので、転職の際は確認が必要です。

ケアマネジャーの資格を取得したら

今の職場か転職か

ケアマネジャーの資格取得には介護職員初任者研修などとは違い、受験資格があります。介護施設で働いている方なら知っている人も多いと思いますので、ここでは割愛します。

もしケアマネジャーの資格取得方法について詳しく知りたい場合は、下記記事に記載しているので、併せて読んでみてください。

介護支援専門員(ケアマネジャー)の取得方法!資格取得後に給料は上がる?

資格取得後に、ケアマネジャーとして働く場合、「今の職場」で働くか、「転職」をするかを考える必要があります。

それぞれメリット・デメリットがありますので、それぞれの特性を理解した上で、選択するようにしましょう。

今の職場で働く場合

ケアマネジャーが所属している職場であれば、部署の異動をして、ケアマネジャーとして働けるかもしれません。この場合は、勤務体系は変わるのか、給与は上がるのか、などを事前に聞いておくと良いでしょう。また、異動を申し出てすぐにそれが叶う環境なのかということもリサーチしておきましょう。

今の職場で働くメリットとしては、人間関係を再構築しなくても済むため、新しい関係構築のためのストレスが軽減されることが挙げられます。

一方、デメリットとしては、人員が定員に達していたり、そもそもケアマネジャーが所属していないなどの理由で、今の職場でケアマネジャーになれない場合があることです。こういった場合は、人員が空くまで待つか、転職をするかの検討になります。

今まで経験をしてきた介護職とは違い、ケアマネジャーの仕事は未知の世界です。飛び込むことに不安を感じるのは当然のことです。せっかく取得したにも関わらず、今の職場が辞められないとか、ケアマネジャーの仕事に不安があって踏み出せないという理由で、資格取得しても実際にケアマネジャーとして働いていない人も多くいます。

転職する場合

資格取得後に転職するメリットとしては、新しい職場を探すことで、給料を上げやすくなるということです。

同じ職場だと、年功序列が強くあり、自分より先に入った先輩の給料を超えるということは現実的には難しいでしょう。しかし、全く違う職場に転職した場合、そもそもの給与体系から変わるため、しっかりと選べば給料を上げることは難しくないでしょう。

また、ケアマネジャーとして転職をするため、資格をしっかりと活かせる職場で働くことができます。

一方でデメリットとしては、新しい職場に変わることでの、人間関係の構築があります。今の職場よりも良い人間関係になることももちろんありますが、職場の雰囲気などをみずに就職をしてしまうと、自分と合わない職場になってしまう可能性もあります。

そうならないためには、転職時には転職コンサルタントや転職アドバイザーを積極的に利用すると良いでしょう。

新しい職場に転職するなら「居宅ケアマネジャー」になろう

居宅ケアマネジャーになるべき理由

ケアマネジャーが今いる職場を辞めて、最初に働くのであれば、居宅ケアマネジャーが良いでしょう。その理由は大きく分けると、次の2つがあります。

◆居宅ケアマネジャーになるべき理由

  • 多くの経験が積める
  • 採用枠が大きい

居宅ケアマネジャーは多くの経験が積める

まずは1つ目の経験についてです。

未経験のケアマネジャーが、最も大事なことは、経験を積める環境に身を置くことです。

その点を考えると、施設ケアマネジャーよりも居宅ケアマネジャーの方が経験を積むことができるでしょう。

なぜなら、ケアマネジャーの本質的な役割は、「利用者の方が住み慣れた自宅で日常生活が送れるように、介護サービスを提供し支援をすること」だからです。

施設ケアマネジャーの場合は、各部署との連携を行う必要があるので、情報共有をしたり、チームとして自立を支援していく方法を学ぶことができたりします。

居宅ケアマネジャーは採用枠が多い

次に2つ目の採用についてです。

居宅ケアマネジャーのほうが採用されやすいでしょう。

これは、施設ケアマネジャーよりも居宅ケアマネジャーのほうが1つの事業所にいるケアマネジャーの数が多く、未経験でも採用されやすいからです。

入居施設の場合、1人で多くの利用者の方をみることができるので、施設に専属するケアマネジャーはたいてい1人か2人になります。1人か2人という中で、未経験のケアマネジャーが入ってしまうと、業務的で困難なことが起きたときに対応できなくなることが予想されるため、経験者を募集することが多いのです。

一方で、居宅介護支援事業所にはケアマネジャーが複数人いるで、未経験のケアマネジャーでも採用の可能性は高くなります。また、先輩のケアマネジャーに指導してもらいやすくなります。

まずは、居宅ケアマネジャーとして働き、経験を積んでいくのがおすすめです。

まとめ

未経験からケアマネジャーとして働くポイントは次の通りです。

ケアマネジャーの就業のポイント
  • 未経験者でも正社員で働ける
  • 今の職場と転職した場合を比較する
  • 転職する場合は「居宅ケアマネジャー」になる

どんなに仕事のできる人だとしても、最初は未経験の状態から始まります。未経験であることを過度に恐れる必要はありません。今の職場で働く場合は、ケアマネジャーの先輩に話を聞いてみるのが良いでしょう。また、転職する場合は、未経験だということを転職アドバイザーなどに伝え、未経験者を教育するような職場や、相談に乗りやすい雰囲気の職場を選ぶのも良いでしょう。

経験者である周りの先輩は、ケアマネジャーになりたての頃を経験しているため、大変さについてもよく分かっています。

分からないことや悩みを抱えずに、職場の人に相談できるようにすることが大切です。そのためにも日頃からコミュニケーション取り、相談しやすい環境を作るようにしましょう。


【介護転職サイト】ランキングBest3!

第1位  きらケア

  • 求人数80,000件超
  • 介護資格取得支援
  • 派遣専門サイトもあり
  • ・求人数     ★★★★★
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★★
  • ・総合      ★★★★★
ここがおススメ!
求人数も多く、登録必須のサイト!! 
◆対応エリア  全国エリア   ◆特徴 第1位は「きらケア」です。「きらケア」は総合的に優良なサイトです。主な特徴としては、求人件数が80,000件超と業界トップレベルの件数で、特に主要都市での求人件数が多くなっています。また、独自のサービスとして、「介護職員初任者研修」の講座を無料で受けることもできます。そのため、他業種からの転職など、初めて介護に携わる場合には非常におすすめです。
     

第2位  かいご畑

  • 求人数10,000件超
  • 介護資格取得支援
  • 優良派遣事業者認定
  • ・求人数     ★★★★☆
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★★
  • ・総合      ★★★★★
 ここがおススメ!
転職すると介護資格が0円で取得できる!! 
◆対応エリア  北海道、関東、関西、北陸、東海、中国、九州地方 (北海道、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、岡山県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県)   ◆特徴 第2位は「かいご畑」です。「かいご畑」は資格取得支援制度に力を入れているサイトです。主な特徴としては、資格取得支援制度があり、転職者の資格取得支援を無料で行っているということです。未資格者が「介護職員初任者研修」の資格を無料で取れるだけではなく、介護職唯一の国家資格である「介護福祉士」の受験対策講座を受けることもできます。求人件数は10,000件程度で業界中堅クラスの件数で、対応エリアも限られていますが、エリア内の求人は充実しています。そのため、資格取得に意欲的な人には非常におすすめです。
     

第3位  スマイルSUPPORT介護

  • 求人数100,000件弱
  • 非公開求人多数
  • 人材コンサルタント
  • ・求人数     ★★★★★
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★☆
  • ・総合      ★★★★★
ここがおススメ!
業界トップレベル!求人数10万件!
◆対応エリア  全国エリア   ◆特徴 第3位は「スマイルSUPPORT介護」です。「スマイルSUPPORT介護は求人件数が多くバランスの取れたサイトです。主な特徴としては、100,000件弱の業界トップレベルの求人件数があり、特に主要都市での求人件数が多くなっています。地方についても、そもそもの求人件数が多いため、他サイトと比較すると充実しています。また、非公開求人が60,000件超あるため、他のサイトでは得られない求人情報を得ることができます。そのため、多くの求人情報からより良い職場を選択したいと考えている人は必須のサイトです。
     

番外編  きらケア介護派遣

  • 求人数20,000件超
  • 介護派遣に特化したサイト
  • 介護資格取得支援
  • ・求人数     ★★★★☆
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★★
  • ・総合      ★★★★★
ここがおススメ!
介護派遣に特化!資格支援制度もあり!
◆対応エリア  全国エリア   ◆特徴 番外編は「きらケア介護派遣」です。「きらケア介護派遣」は介護派遣に特化したサイトです。求人件数が20,000件超と介護派遣に特化しているのにも関わらず、多くの求人が掲載されています。また、姉妹サイトとして「きらケア」があり、このサイトと同様に独自のサービスとして、「介護職員初任者研修」の講座を無料で受けることもできます。そのため、「派遣」として働きたい人や介護未経験者には非常におすすめです。
 

この続きは下記の記事に詳しく書いています。こちらも参考にしてみてください。 【介護転職サイト】おすすめランキングBest10!~まとめて比較~