喀痰吸引等研修の取得費用や期間は?詳しい情報を紹介!

介護職に就いていると、食事中や嚥下能力の低下で吸引が必要になる場面に出くわしたことがある方も多いと思います。

このような吸引が必要な場面では、すぐに看護師に連絡して対応して貰えるようにするのが基本です。

しかし、喉詰まりを起こして苦しそうな高齢者の方に何もしてあげられないことに、憤りを感じている方もいるのではないでしょうか?そんな方の為に、介護士でも吸引や経管栄養を行えるようになる資格があります。

その資格は「喀痰吸引等研修」といいます。研修種類は3つあり、研修に応じた行為が可能です。

今回は「喀痰吸引等研修」はどんな資格で、取得の為に必要な情報を提供していきます。

喀痰吸引等研修ってどんな資格?

「喀痰吸引等研修」は介護士でも「たんの吸引」「経管栄養」が実施可能になる資格です。個人の判断で出来る訳ではなく、医師の指示や、現場看護師との連携が必要になります。

資格は第1号、第2号、第3号と3種類にわかれていて、実施可能な行為と対象者が変わります。

◆第1号研修

  • 喀痰吸引(口腔内・鼻腔内・気管カニューレ内部)
  • 経管栄養(胃ろう・腸ろう、経鼻)
  • 不特定多数の利用者

◆第2号研修

  • 喀痰吸引(口腔内・鼻腔内)
  • 経管栄養(胃ろう・腸ろう)
  • 不特定多数の利用者

◆第3号研修

  • 喀痰吸引(口腔内・鼻腔内・気管カニューレ内部)
  • 経管栄養(胃ろう・腸ろう、経鼻)
  • 特定の利用者

実施可能な行為が多いのは第1号研修ですが、その分、勉強の難易度も高くなります。また取得費用も高額になりやすいです。第2号研修を取得しておくと第1号研修の研修時に免除になる科目がでてくるので、まずは第2号研修から目指すのが良いかもしれません。

資格を取る為の試験や勉強内容

「喀痰吸引等研修」の取得には、都道府県から登録を受けた登録研修機関で研修を受ける必要があります。そして受講する為には、就業先が「登録喀痰吸引等事業者」の登録を済ませているか、登録予定である必要があります。必ず事前にこれらの登録がされているかを確認しておきましょう。

他の受講資格は基本的にはありませんが、登録研修機関の中には個別に制限をかけている場所もあるので、そちらも受講前に確認必須となります。

研修内容は基本研修と、実地研修の2つに分かれていて、第1号、第2号は条件が変わらず、第3号研修のみ別の内容です。

第1号研修、第2号研修の内容

第1号研修、第2号研修の内容は以下の通りです。

◆基本研修

  • 50時間の講義
  • 全30問の筆記試験(27問以上正解で合格)
  • 行為ごとに5回以上の演習
  • 第2号は気管カニューレと経鼻経管栄養の演習は無し

◆実地研修

  • 口腔内の喀痰吸引研修10回以上
  • 口腔内以外の実施可能な行為20回以上の実地研修

第3号研修の内容

第3号研修の内容は以下の通りです。

第3号研修

  • 演習を含めた9時間の講義
  • 全20問の筆記試験(18問以上正解で合格)
  • 医師等の評価が水準以上まで認められるまで、実地訓練を行う

第1号研修、第2号研修と比べて第3号だけ研修期間が短いのは、第3号研修はあくまで利用者個人に特定の行為を実施する資格である為です。第三号を終了したとしても、新たに介助が必要な「特定の利用者」や「実施必要な行為」を増やしたい時はその度に実地研修を受けなおす必要があります。

取得までの期間と費用

資格取得までの期間

第1号研修、第2号研修の場合は、講義で8日前後演習が2日程度実地研修が2~5日ぐらいで完了する場合が多いです。早ければ2週間以内で終わり、遅くても3週間程度で修了できるでしょう。

特に一部資格を持っているといくつかのカリキュラムが免除されるので、該当する資格があれば期間をかなり短縮することが可能です。

  • 介護福祉士養成課程修了者 ⇒ 基本研修免除
  • 第2号研修修了者 ⇒ 追加したい特定行為の実地研修のみ
  • 過年度研修修了過程確認書交付対象者 ⇒ 基本研修免除

第3号研修は一部科目が免除になるパターンも多くありますが、中には基本研修の全過程が受講免除になる場合もあります。全過程が免除になる方は、以前に第3号研修を受講していて、新しい利用者の追加の為に、再度実地研修を受講する方に限られます。

上記に該当している方は通常よりも速く受講を終わらせることができます。

しかし、逆に想定以上に長引いてしまうパターンもあります。それは基本研修の筆記試験で不合格だった場合です。不合格になってしまうと、再度講義を全て受けなければなりません。

試験は4択問題なので、難易度的には高くないですが、合格には9割以上の正答率が必要ですので学んだことを思い出しながら、真剣に試験に臨む必要があります。

資格取得にかかる費用

費用は取得する研修の種類や学校によっても変わっていきます。実地研修を自分の施設でできる場合は、費用が抑えられた実地研修先無しの受講ができるので費用をかなり安く抑えることが可能です。

第1号研修、第2号研修の基本研修平均が12万~15万程度です。また、第3号は6万円前後が一般的になります。そこから実地研修を他施設で受ける場合は、1行為につき1万円程度の料金がかかることが多いようです。

免除科目がある場合は、免除された科目に応じて金額も下がっていくので自分が該当しているか必ず確認しておきましょう。

まとめ

「喀痰吸引研修」は事業所が登録をしていないと受講ができなかったり、資格に掛かる費用が少し割高といったハードルもありますが、取得できればかなり有用になる資格です。

これから先、医療行為を必要とする高齢者の方はどんどん増えていくでしょう。そんな時、医療行為もできる介護士というのはどんな場所でも重宝される存在になっていくのではないでしょうか。

介護士として更なるステップアップを目指す方におススメの資格です。


【介護転職サイト】ランキングBest3!

第1位  きらケア

  • 求人数80,000件超
  • 介護資格取得支援
  • 派遣専門サイトもあり
  • ・求人数     ★★★★★
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★★
  • ・総合      ★★★★★
ここがおススメ!
求人数も多く、登録必須のサイト!! 
◆対応エリア  全国エリア   ◆特徴 第1位は「きらケア」です。「きらケア」は総合的に優良なサイトです。主な特徴としては、求人件数が80,000件超と業界トップレベルの件数で、特に主要都市での求人件数が多くなっています。また、独自のサービスとして、「介護職員初任者研修」の講座を無料で受けることもできます。そのため、他業種からの転職など、初めて介護に携わる場合には非常におすすめです。
     

第2位  かいご畑

  • 求人数10,000件超
  • 介護資格取得支援
  • 優良派遣事業者認定
  • ・求人数     ★★★★☆
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★★
  • ・総合      ★★★★★
 ここがおススメ!
転職すると介護資格が0円で取得できる!! 
◆対応エリア  北海道、関東、関西、北陸、東海、中国、九州地方 (北海道、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、岡山県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県)   ◆特徴 第2位は「かいご畑」です。「かいご畑」は資格取得支援制度に力を入れているサイトです。主な特徴としては、資格取得支援制度があり、転職者の資格取得支援を無料で行っているということです。未資格者が「介護職員初任者研修」の資格を無料で取れるだけではなく、介護職唯一の国家資格である「介護福祉士」の受験対策講座を受けることもできます。求人件数は10,000件程度で業界中堅クラスの件数で、対応エリアも限られていますが、エリア内の求人は充実しています。そのため、資格取得に意欲的な人には非常におすすめです。
     

第3位  スマイルSUPPORT介護

  • 求人数100,000件弱
  • 非公開求人多数
  • 人材コンサルタント
  • ・求人数     ★★★★★
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★☆
  • ・総合      ★★★★★
ここがおススメ!
業界トップレベル!求人数10万件!
◆対応エリア  全国エリア   ◆特徴 第3位は「スマイルSUPPORT介護」です。「スマイルSUPPORT介護は求人件数が多くバランスの取れたサイトです。主な特徴としては、100,000件弱の業界トップレベルの求人件数があり、特に主要都市での求人件数が多くなっています。地方についても、そもそもの求人件数が多いため、他サイトと比較すると充実しています。また、非公開求人が60,000件超あるため、他のサイトでは得られない求人情報を得ることができます。そのため、多くの求人情報からより良い職場を選択したいと考えている人は必須のサイトです。
     

番外編  きらケア介護派遣

  • 求人数20,000件超
  • 介護派遣に特化したサイト
  • 介護資格取得支援
  • ・求人数     ★★★★☆
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★★
  • ・総合      ★★★★★
ここがおススメ!
介護派遣に特化!資格支援制度もあり!
◆対応エリア  全国エリア   ◆特徴 番外編は「きらケア介護派遣」です。「きらケア介護派遣」は介護派遣に特化したサイトです。求人件数が20,000件超と介護派遣に特化しているのにも関わらず、多くの求人が掲載されています。また、姉妹サイトとして「きらケア」があり、このサイトと同様に独自のサービスとして、「介護職員初任者研修」の講座を無料で受けることもできます。そのため、「派遣」として働きたい人や介護未経験者には非常におすすめです。
 

この続きは下記の記事に詳しく書いています。こちらも参考にしてみてください。 【介護転職サイト】おすすめランキングBest10!~まとめて比較~

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。