レクリエーション介護士の取得費用や期間は?詳しく紹介します!

介護士の業務でもレクリエーションは、利用者が楽しめるような企画考案から、実際のレクリエーション中に盛り上がるような声掛けが必要となるため、苦手な方も多いのではないでしょうか?

しかし、オムツ交換などといった身体介助と違い、レクリエーションは中々学べる場所が少なく、苦手を克服しようとしても難しいのが現実です。

実はレクリエーションには専門の資格があるということを、ご存知ですか?

その資格は「レクリエーション介護士」です。資格を通して、レクリエーションに精通した介護士を育てることを目的とした資格となっています。

今回は、レクリエーション介護士はどんな資格なのか、取得するのにどのくらい費用と期間がかかるのかを紹介していきます。

レクリエーション介護士ってどんな資格?

「レクリエーション介護士」は、高齢者に向けたレクリエーションを提供できる人材になれる資格です。

資格は1級と2級で分かれています。

2級ではコミュニケーション能力の向上、自分の特技と知識を生かしたレクリエーションを作成できるようになる企画力と実行力を養えます。1級はそれに加えて、レクリエーションに関する人材育成が可能になるような力を身に付けることが可能です。1級は取得すればレクリエーションに関するリーダー的立場になることも可能ですが、取得にはレクリエーション介護士2級を取得している必要があります。

レクリエーションというのは基本的にスキルの証明がしづらい為、得意であってもアピールが難しいスキルでした。しかし、レクリエーション介護士を所持することで、自分はレクリエーションに精通していますという証明が可能になります。

レクリエーションはどんな施設でもほぼ必ず行う為、レクリエーションが得意ということは、どんな形態の介護施設でも大きなアピールポイントになっていくでしょう。

資格を取る為に試験や勉強内容

レクリエーション介護士2級の取得方法

レクリエーション介護士2級を取得する場合は、下記の2種類の方法があります。

  • 通信講座で取得
  • 通学口座で取得

「通信講座」の場合は、テキストとDVDが一緒になった受講セットが自宅に届きます。その受講映像を見ながら課題を進めていく流れになります。課題を提出すると添削して貰えるので、分からない所でも理解しながら勉強を進めていけます。

最終的に試験を受ける必要がありますが、試験問題も自宅で受けることができるので、最後まで在宅学習のみで済ませることが可能です。試験は全50問の筆記試験となっていて、合格には60点以上を目指さなければなりません。

しかし、問題は全て選択式な上、不合格になったとしても再試験もできるので、諦めなければ必ず合格することができるでしょう。合格すると「認定証」を貰え、レクリエーション介護士2級を所持していることの証明となります。

「通学講座」の場合は、認定講座を行っている大学や専門学校に通い勉強をしていきます。しかし、都道府県によっては講座を行っている学校がない場合もあります。通学を考えている場合は、まず、自分の住んでいる地域で講座を取り扱う学校があるかを、調べてる必要があります。

ポイント
  • 通信講座か通学講座の受講
  • 筆記試験で60点以上で合格(再試験可)

レクリエーション介護士1級の取得方法

レクリエーション介護士1級の場合は、日本アクティブコミュニティ協会が主催する研修に参加する必要があります。取得にはいくつかの段階がありますが、全て日程が決まっているので、自分の好きなタイミングでの受講はできません。

資格取得までの流れは以下の通りです。

◆レクリエーション介護士1級取得の流れ

  1. アイスブレイク体験会
  2. 4日間の講座の受講
  3. フォローアップ研修(選択制)
  4. 現場実習
  5. 筆記試験

講座は大阪と神奈川の2箇所でしか行われていない為、遠方に住んでいる場合、まとまった休みを取る必要もあるでしょう。

試験は筆記と実技に分けれていて合計150点満点となります。

◆試験問題の内訳

  • 選択式、記述式合わせて100点満点
  • 小論文1問20点満点
  • 実技試験30点満点

合格点は90点以上(60%以上正解)となっています。

ポイント
  • レクリエーション介護士2級を取得済み
  • 日本アクティブコミュニティ協会が主催する研修に参加(決められた日程の中で選択)
  • 講座開催場所は大阪か神奈川
  • 筆記・実技試験で90点以上(60%以上)で合格

取得までの期間はどれぐらい?

レクリエーション介護士2級の場合

レクリエーション介護士2級は受講方法によっても変わりますが、通信講座の場合は勉強の進め方次第ですが、3か月程度で取得が可能でしょう。通信の場合ユーキャンの通信講座を受講することになりますが、費用は35,000円、12回払いの分割だと月々2,980円かかります。

通学の場合は2日間で取得できる場所が多いです。2日間で取得する場合の1日の学習時間は6時間です。費用は学校によって異なりますが平均35,000円~40,000円程度の費用が一般的です。

ポイント
  • 費用:35,000円~40,000円
  • 取得までの期間:通学で2日、通信は3ヶ月程度

レクリエーション介護士1級の場合

レクリエーション介護士1級の場合、研修と講座の日程が決まっているので、どのくらい期間がかかるか想定するのは難しいです。必須講座の受講が4回参加、大体2週間程度の間隔で実施されているのに加えて、他の研修を受けることも考えると最低半年は見積もった方が無難でしょう。

取得にかかる費用は、概ね100,000円程度となっています。

ポイント
  • 費用:100,000円程度
  • 取得までの期間:半年以上

レクリエーション介護士として働くには

今の職場で働く

レクリエーション介護士の資格を取得した後に、この資格を活かして仕事をしていく必要があります。そのためには、今の職場で活かせる場面があるか、活かせる役回りはあるかということを知らなければなりません。

また、今の職場において資格取得によって自分のキャリアが向上したり、給与が上がるかということも併せて調べてみましょう。

求人を探し新しい職場で働く

もし、せっかくの資格を活かせないことが分かったら、「転職」を視野に入れても良いでしょう。

また、給与が上がらない場合も同様です。日本では能力の向上と給与が連動しない場合が多々あります。本来であれば、資格を取得し役に立つ専門的な知識を身につければ、給与が上がっていくべきです。しかし、年功序列が古くから染みついた日本では、こういった至極当然のことが難しいのが現状です。

そういったときの打開策が、転職です。転職をするときに、しっかりと給与を上げる交渉をすれば、給与を上げることは難しくないでしょう。逆に、転職活動をして、求める給与が提示されない場合は、自分の能力が給与に見合ってないということなので、一旦、今の職場に戻るという選択もできます。

転職とキャリアについてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【介護】資格を取ってキャリアアップの転職をする方法

また、どんな転職サイトを使えば良いかが分からない方もいると思うので、転職サイトのランキングを作成しました。こちらも参考にしてみてください。

【介護転職サイト】おすすめランキングBest10!~まとめて比較~

まとめ

レクリエーション介護士2級は、通信講座でも取得ができるので、有用性の割に取得しやすい資格となっています。キャリアパス制度に属さない介護資格を取得しておくことは、自分にしかできないことがあるということが主張でき、大きな強みになります。

レクリエーションの技術自体は、2級でも充分勉強ができるので、施設でレクリエーションをやる機会が多い方や、レクリエーションに対して苦手意識があり克服したい方におススメの資格です。

資格を持つだけでは宝の持ち腐れになってしまうこともあります。そのため、資格取得後について、どのようにキャリア形成をしていくかも考えることが大切です。明るい未来を想像することで、資格勉強の励みにしてみてください。


【介護転職サイト】ランキングBest3!

第1位  きらケア

  • 求人数80,000件超
  • 介護資格取得支援
  • 派遣専門サイトもあり
  • ・求人数     ★★★★★
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★★
  • ・総合      ★★★★★
ここがおススメ!
求人数も多く、登録必須のサイト!! 
◆対応エリア  全国エリア   ◆特徴 第1位は「きらケア」です。「きらケア」は総合的に優良なサイトです。主な特徴としては、求人件数が80,000件超と業界トップレベルの件数で、特に主要都市での求人件数が多くなっています。また、独自のサービスとして、「介護職員初任者研修」の講座を無料で受けることもできます。そのため、他業種からの転職など、初めて介護に携わる場合には非常におすすめです。
     

第2位  かいご畑

  • 求人数10,000件超
  • 介護資格取得支援
  • 優良派遣事業者認定
  • ・求人数     ★★★★☆
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★★
  • ・総合      ★★★★★
 ここがおススメ!
転職すると介護資格が0円で取得できる!! 
◆対応エリア  北海道、関東、関西、北陸、東海、中国、九州地方 (北海道、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、岡山県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県)   ◆特徴 第2位は「かいご畑」です。「かいご畑」は資格取得支援制度に力を入れているサイトです。主な特徴としては、資格取得支援制度があり、転職者の資格取得支援を無料で行っているということです。未資格者が「介護職員初任者研修」の資格を無料で取れるだけではなく、介護職唯一の国家資格である「介護福祉士」の受験対策講座を受けることもできます。求人件数は10,000件程度で業界中堅クラスの件数で、対応エリアも限られていますが、エリア内の求人は充実しています。そのため、資格取得に意欲的な人には非常におすすめです。
     

第3位  スマイルSUPPORT介護

  • 求人数100,000件弱
  • 非公開求人多数
  • 人材コンサルタント
  • ・求人数     ★★★★★
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★☆
  • ・総合      ★★★★★
ここがおススメ!
業界トップレベル!求人数10万件!
◆対応エリア  全国エリア   ◆特徴 第3位は「スマイルSUPPORT介護」です。「スマイルSUPPORT介護は求人件数が多くバランスの取れたサイトです。主な特徴としては、100,000件弱の業界トップレベルの求人件数があり、特に主要都市での求人件数が多くなっています。地方についても、そもそもの求人件数が多いため、他サイトと比較すると充実しています。また、非公開求人が60,000件超あるため、他のサイトでは得られない求人情報を得ることができます。そのため、多くの求人情報からより良い職場を選択したいと考えている人は必須のサイトです。
     

番外編  きらケア介護派遣

  • 求人数20,000件超
  • 介護派遣に特化したサイト
  • 介護資格取得支援
  • ・求人数     ★★★★☆
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★★
  • ・総合      ★★★★★
ここがおススメ!
介護派遣に特化!資格支援制度もあり!
◆対応エリア  全国エリア   ◆特徴 番外編は「きらケア介護派遣」です。「きらケア介護派遣」は介護派遣に特化したサイトです。求人件数が20,000件超と介護派遣に特化しているのにも関わらず、多くの求人が掲載されています。また、姉妹サイトとして「きらケア」があり、このサイトと同様に独自のサービスとして、「介護職員初任者研修」の講座を無料で受けることもできます。そのため、「派遣」として働きたい人や介護未経験者には非常におすすめです。
 

この続きは下記の記事に詳しく書いています。こちらも参考にしてみてください。 【介護転職サイト】おすすめランキングBest10!~まとめて比較~