訪問介護とは?サービス内容や料金について解説

年齢を重ね年老いてくると、体が思ったように動かなくなっていくことがあります。しかし、現代の社会では、日常生活が難しくなってきたとしても、それを手伝って貰えたりするような「介護サービス」が多く存在します。

今回はそんな「介護サービス」の中でも、「訪問介護」についてご紹介します。

初めて利用する方にとっては、訪問介護がどのようなサービスなのか、月々の料金がどれくらいかかるのかなど、分からないことだらけのはずです。

そんな方に、今回の記事を読んで貰えればと思います。

訪問介護サービスとは?

訪問介護サービスとは、利用者宅に直接、訪問介護員(ホームヘルパー)が訪問し、食事や入浴、炊事や洗濯などの介護や援助を行うことです。

訪問介護の目的は、利用者が病院や施設ではなく自宅で自立した日常生活を送れるようにサポートすることとなっています。

そのため、利用者の直接的な援助にならないサービス(利用者家族のための家事・来客対応など)や、日常生活の援助の範囲を超えるサービス(大掃除・ペットの世話など)は訪問介護サービスに該当しません。

訪問介護を受けるには?

サービスの対象者

訪問介護サービスの対象者は「要介護1~5」の認定を受けた方です。

「要支援1~2」の方の場合も訪問介護サービスの利用は可能ですが、利用に制限があるので注意してください。(要支援認定の場合は、介護が必要な状態というよりも、予防や生活支援が主な目的になるので、身体介護ではなく主に生活援助となります。)

訪問介護サービスを受けるまでの流れとは?

訪問介護サービスを受けるまでの、大体の流れを以下のまとめました。

  1. 要介護認定の申請
  2. 介護認定の通知
  3. 介護支援専門員(ケアマネージャー)の決定
  4. 訪問調査
  5. 事業所の選定と契約
  6. 訪問介護サービス利用開始

これらについて、1つずつ解説していきます。

1.要介護認定の申請

市町村の担当窓口に「要介護認定申請書」と必要書類を提出します。原則として、本人が申請する必要がありますが、家族や介護保険施設等が代行することも出来ます。

要介護認定の申請については、下記の記事に詳しく書いているので、参考にしてみてください。

要介護認定を取得するには?

2.介護認定の通知

認定調査を経て、認定審査会で要介護状態区分が決定します。そして要介護状態区分が介護保険被保険者証として郵送で通知されます。認定の効力は申請日まで遡ります。

3.介護支援専門員(ケアマネージャー)の決定

要介護1以上の場合は、居宅介護支援事業所に連絡し、ケアマネージャーの選任を依頼します。(要支援の場合は、地域包括支援センターとなります。)どの居宅介護支援事業所に連絡すれば良いかなどが分からない場合は、地域包括支援センターや市町村の担当窓口に連絡してみてください。

また、一度決定したケアマネージャーであっても、利用者本人や家族が変更の希望を出せば、変えて貰うことが出来ますので安心してください。

4.訪問調査

ケアマネージャーが利用者の自宅へ訪問し、面談を行います。この面談をすることで、利用者とその家族にとって、どのようなサービスが必要かをケアマネージャーは考え、「介護サービス計画書(ケアプラン)」を作成していきます。

5.事業所の選定と契約

ケアプランに基づき、実際に訪問介護事業所が選定されます。候補選びはケアマネージャーに行なって貰えます。事業所を決定したら、その事業所とサービス利用者で直接契約を結びます。

6.訪問介護サービス利用開始

ここまできて、サービスの利用が開始されます。

事業所の選び方は?

事業所選びで気をつけるポイント

在宅介護をしていく上で、訪問介護サービスというものは利用者とその家族にとって非常に重要なものです。当然、日常生活の延長線上にこのサービスが無くてはなりません。

そのためには、訪問するヘルパーと利用者やその家族が密にコミュニケーションをとることが出来るかや、サービス内容が求めている内容を満たしているか、などが大切になってきます。

では、どのように事業所を選定すればいいのでしょう?

気をつけるといい点を以下にまとめました。

◆事業所選びで気をつけること

  • サービス内容や費用が適切か
  • 複数の事業所を比較する
  • サービスの実施は十分か

サービス内容や費用が適切か

どういったサービス内容に対して、どれだけの費用が必要なのか?ということを、理解することが重要です。適切な費用は払うべきですが、金額に対してのサービスが不十分であったりする場合もあるかもしれません。次の項目にある「事業所の比較」が重要になってきますが、まずはそれぞれの事業所で、しっかりと説明を受ける必要があります。

契約書や重要事項説明書の内容(もしくはそれ以前の段階)についても、疑問に思うことは臆せず質問してみてください。しっかりとした事業所であれば明確な説明が出来るはずですし、そういった事業所を選ぶほうがいいでしょう。

複数の事業所を比較する

HPやパンフレット等の情報だけでなく、担当者から直接話を聞いてみましょう。また、実際に体験利用することも可能です。体験利用することで、各事業所の特色を実感することが出来ます。比較するときは、下記のようなポイントを参考にしてみて下さい。

◆事業者比較のポイント

  • 連携する医療機関の種類
  • 他の介護サービスの種類
  • 自費サービスの内容や種類

サービスの実施は十分か

サービスが開始前には分からなかった問題が、利用後に浮き彫りになる場合もあります。サービスを提供する事業所を変更することはいつでも可能ですので、少しでも疑問に感じたり困ったことが起きた場合には、ケアマネージャーに相談しましょう。次のような場合は、事業所の変更を検討するといいでしょう。

  • 利用計画に決められた通りのサービスが実施されていない
  • サービス内容を変更したい場合や、急な理由でどうしてもキャンセルしなくてはならない時などに柔軟な対応をしてもらえない
  • スタッフの態度や言葉づかいが悪い

訪問介護のサービス内容は?

サービスの種類

訪問介護を利用するにあたり、受けられるサービスは大きく分けると次の2つのサービスになります。

  1. 生活援助サービス
  2. 身体介護サービス

「生活援助サービス」とは、利用者が1人暮らしであったり、家族や本人が何らかの理由で家事を行えなかったりする場合に、必要な身の回りのお世話をしながら日常生活をサポートするサービスです。「身体介護サービス」とは利用者の体に直接触れながら介護を行うサービスです。

具体的なサービス項目は下記のような内容となります。

1.生活援助サービス

  • 掃除
  • 洗濯
  • 買い物代行
  • 炊事
  • 食事の準備
  • ゴミ出し

2.身体介護サービス

  • 食事介助
  • 入浴介助
  • 移乗介助
  • 排泄介助
  • 体位変換
  • 更衣介助
  • 口腔洗浄
  • 服薬介助

生活援助サービス

上で挙げた「生活援助サービス」について、より細かい内容を下に書き出しました。

  • 掃除

利用者が生活する範囲のみの掃除になり、掃除機・拭き掃除などが主な援助になります。この際、利用者以外の家族の部屋や、ベランダ等は援助内容には入りませんので気をつけましょう。大掃除もサービス範囲には入りません。

  • 洗濯

利用者の洗濯物のみの洗濯になり、干すだけでなく取り込みや収納もサービス内容に含まれています。こちらも、利用者以外の洗濯は出来ませんので注意して下さい。

  • 買い物代行

利用者が必要な食材や日常品の買い物を代行する援助です。上記の2つと同様に、利用者以外の買い物代行はサービス範囲には含まれていません。

  • 炊事

利用者が食べる食材を調理し、配膳・下膳を行う援助です。同居している家族の分の調理はサービス範囲外です。

  • ゴミ出し

指定日時にゴミを出す援助になります。

身体介護サービス

続いては、「身体介護サービス」についてです。こちらも、より細かい内容を下に書き出しました。

  • 食事介助

食事介助とは、食事をする際に、自分で食事を摂ることが出来ない方へ介助を行うことです。なるべく自分で食事を摂れるように促したり、自分で食事を摂ることが出来ても、嚥下障害などで誤嚥があったりすると危険なため見守りも含まれます。

  • 入浴介助

入浴介助とは、入浴する際に、体を洗ってあげたり、洗髪、時には湯船に入るのを介助することもあります。

  • 移乗介助

車イスからベット、ベットから車椅子へ移乗する際に行う介助になります。

  • 排泄介助

オムツ交換やトイレ介助、トイレまでの見守りなどの介助になります。オムツ交換をする際に、寝たきりの利用者などは仙骨や臀部に褥瘡が出来ていないかということも排泄介助の目的になります。トイレに行き排泄出来る利用者に関しては転倒予防のため、しっかりトイレに座るまで見届けるということも行われます。

  • 体位変換

先ほども書きましたが、寝たきりの利用者は褥瘡(床ずれ)が出来やすくなっているので、その予防のために行うのが体位変換です。体位変換は寝たきりの利用者の体の向きを変え、圧迫箇所を和らげるための介助です。

  • 更衣介助

更衣介助とは更衣を手伝う介助です。寝たきりの方の更衣介助もあれば、自分で出来るが転倒などの危険性も考え介助するということもあります。

  • 口腔洗浄

口腔洗浄とは、入れ歯の掃除や歯磨き、うがいを介助することです。主に、寝たきりの方の口腔洗浄を行うことが多いです。

  • 服薬介助

服薬介助とは利用者に薬を飲んで貰うことを介助するものです。認知症の方の場合、自分で服薬をすることは難しいので、その日服薬する薬をホームヘルパーが用意し目の前でしっかり服薬出来ているかの確認までをして貰うことができます。

訪問介護の料金は?

費用項目

訪問介護にかかる費用は下記の通りです。

◆訪問介護の費用

【1日あたりの自己負担額】 = サービスの種類別料金 × 利用時間 + その他料金(緊急時加算など)

介護保険の自己負担額は基本的に1割負担(一定の所得がある方は2~3割負担)です。具体的な料金については事業所によって異なりますので、サービスを受ける際に確認しましょう。ちなみに身体介護の方が生活援助より自己負担額は多くなります。

次の項目で紹介する金額は目安として考えて下さい。

身体介護の場合の自己負担額

身体介護の自己負担額(1割)は次の通りです。

  • 20分未満:1回170円
  • 20分~30分未満:1回250円
  • 30分~60分未満:1回398円
  • 60分~90分未満:1回574円
  • 90分以上(以降30分経過ごと):80円加算

生活援助の場合の自己負担額

生活介護の自己負担額(1割)は次の通りです。

  • 20分~45分未満:195円
  • 45分以上:245円

このように見ると安く感じるかもしれませんが、要介護度があがり、さらに利用頻度と利用時間が増えていくことで月に数万円かかることもあります。費用も考えながら利用していくことが必要です。

まとめ

今回は、訪問介護サービスの内容と料金について紹介してきました。

主なサービス内容は何処の事業所も同じなのですが、細かい部分や料金などは事業所により異なるので訪問介護に来てもらう事業所が決まったら、最初に詳しく聞くようにしましょう。

訪問介護サービスは、自宅に残りたい要介護者と、介護の負担を減らしたい家族のどちらのニーズも満たすことのできるサービスです。自宅で介護をしている方は是非、活用してみて下さい。


【介護転職サイト】ランキングBest3!

第1位  きらケア

  • 求人数80,000件超
  • 介護資格取得支援
  • 派遣専門サイトもあり
  • ・求人数     ★★★★★
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★★
  • ・総合      ★★★★★
ここがおススメ!
求人数も多く、登録必須のサイト!! 
◆対応エリア  全国エリア   ◆特徴 第1位は「きらケア」です。「きらケア」は総合的に優良なサイトです。主な特徴としては、求人件数が80,000件超と業界トップレベルの件数で、特に主要都市での求人件数が多くなっています。また、独自のサービスとして、「介護職員初任者研修」の講座を無料で受けることもできます。そのため、他業種からの転職など、初めて介護に携わる場合には非常におすすめです。
     

第2位  かいご畑

  • 求人数10,000件超
  • 介護資格取得支援
  • 優良派遣事業者認定
  • ・求人数     ★★★★☆
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★★
  • ・総合      ★★★★★
 ここがおススメ!
転職すると介護資格が0円で取得できる!! 
◆対応エリア  北海道、関東、関西、北陸、東海、中国、九州地方 (北海道、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、岡山県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県)   ◆特徴 第2位は「かいご畑」です。「かいご畑」は資格取得支援制度に力を入れているサイトです。主な特徴としては、資格取得支援制度があり、転職者の資格取得支援を無料で行っているということです。未資格者が「介護職員初任者研修」の資格を無料で取れるだけではなく、介護職唯一の国家資格である「介護福祉士」の受験対策講座を受けることもできます。求人件数は10,000件程度で業界中堅クラスの件数で、対応エリアも限られていますが、エリア内の求人は充実しています。そのため、資格取得に意欲的な人には非常におすすめです。
     

第3位  スマイルSUPPORT介護

  • 求人数100,000件弱
  • 非公開求人多数
  • 人材コンサルタント
  • ・求人数     ★★★★★
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★☆
  • ・総合      ★★★★★
ここがおススメ!
業界トップレベル!求人数10万件!
◆対応エリア  全国エリア   ◆特徴 第3位は「スマイルSUPPORT介護」です。「スマイルSUPPORT介護は求人件数が多くバランスの取れたサイトです。主な特徴としては、100,000件弱の業界トップレベルの求人件数があり、特に主要都市での求人件数が多くなっています。地方についても、そもそもの求人件数が多いため、他サイトと比較すると充実しています。また、非公開求人が60,000件超あるため、他のサイトでは得られない求人情報を得ることができます。そのため、多くの求人情報からより良い職場を選択したいと考えている人は必須のサイトです。
     

番外編  きらケア介護派遣

  • 求人数20,000件超
  • 介護派遣に特化したサイト
  • 介護資格取得支援
  • ・求人数     ★★★★☆
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★★
  • ・総合      ★★★★★
ここがおススメ!
介護派遣に特化!資格支援制度もあり!
◆対応エリア  全国エリア   ◆特徴 番外編は「きらケア介護派遣」です。「きらケア介護派遣」は介護派遣に特化したサイトです。求人件数が20,000件超と介護派遣に特化しているのにも関わらず、多くの求人が掲載されています。また、姉妹サイトとして「きらケア」があり、このサイトと同様に独自のサービスとして、「介護職員初任者研修」の講座を無料で受けることもできます。そのため、「派遣」として働きたい人や介護未経験者には非常におすすめです。
 

この続きは下記の記事に詳しく書いています。こちらも参考にしてみてください。 【介護転職サイト】おすすめランキングBest10!~まとめて比較~