老老介護の現状と問題~解決策

子供が親世帯を介護する、そんな時代はもう遠い昔の話です。

核家族化の歪みは介護問題にも悪影響を及ぼしています。高齢夫婦で助け合いながら、互いに介護しあう家庭が増加する中で、様々な問題が発生しています。そこで今回は「老老介護」について詳しく見て行きましょう。

老老介護の現状と問題

老老介護とは

「老老介護」は老人が老人の介護することです。ここで示す老人とは65歳以上の人達を指します。年々増加し続け、現在では介護が必要な世帯の半数を占めており、社会的に問題となっています。

例えば、高齢者が配偶者の介護をしたり、高齢の子供が親の世話をするなど家庭により事情が異なります。

この老老介護の現状と、そこに付随する問題をこの機会に考えて行きましょう。当事者でないと気づかないことが多く、考える良いきっかけとなるはずです。

老老介護が増加し続ける要因

老老介護と言う言葉が聞かれるようになったのは、ごく最近のことです。その背景には、複数の要因が複雑に絡み合っています。

◆老老介護の要因

  • 平均寿命と健康寿命の乖離
  • 核家族化
  • 経済的困難

まず、最初に挙げられる要因は、平均寿命と健康寿命の乖離です。医療の発達により、平均寿命は年々伸び続けています。しかし人間らしく健康的に生きていられるとは限りません。体の衰え、認知症があるとどうしても誰かの手が必要です。いわゆる健康寿命というものと、平均寿命には乖離があり、この期間が長いと介護者の割合は増えてしまいます。

次に、子供と別々に暮らす核家族が非常に多くなったことが挙げられます。家族的繋がりが薄れるので、いざと言う時に子供の協力が得られないことに繋がりかねません。そうかと言って第3者の誰かに助けを求めることが、高齢者は苦手です。「できるだけ人の助けを借りずに自分でどうにしかよう。」と言う考えが、老老介護のきっかとなってしまいます。

また体力的・肉体的に限界だから施設を利用したいと考えた時に、必要なのはお金です。しかし年金生活の高齢者にとって高い入居費や利用料が発生する施設の利用は、経済的に困難です。

このように様々な原因が複雑に絡み合うことで、老老介護が増え続けているのが現状です。

老々介護の問題

高齢者が介護者となってしまうことで色々なリスクが考えれます。例えば、介護者自身が認知症となり要介護者の面倒を適切にできなくなる「認認介護」があります。これは、一定レベルの生活を維持できなくなる以外に、金銭的トラブルを招きかねません。

また介護が苦となり、配偶者を虐待・殺害してしまうことだってあります。介護者自身が健康を崩してしまった時には共倒れとなることがあり、かなり深刻な問題です。

老々介護を楽にするコツ

介護サポートを利用する

老々介護の負担を緩和するために第3者のサポートが必要不可欠です。経済的負担が増えると利用を拒む方がいますが、介護保険を利用できるケースが多く一度考えてみるだけの価値がありそうです。

介護にばかり専念してしまうとストレスが溜まり、「介護うつ」のリスクが高まってしまいます。また介護者自身が健康的な生活を過ごせなくなってしまうので、少しでも楽にするために積極的にサポートを活用するべきです。

市町村の高齢者福祉課、民間の無料相談窓口などに相談すると、家庭の状態に応じた対策を打ち出してくれます。「恥ずかしい」と拒んでおらず、積極的に相談してみるべきです。

家に居ながら定期的に利用できる「デイケア」「ショートサービス」などをうまく活用することで介護の負担を少しでも軽減できるはずです。

要介護認定者であれば介護保険適用となり、自己負担1〜2割程度で利用できるので、少額の負担で済みます。経済的リスク、精神的リスクと両面で強い味方となることでしょう。

老人ホームも利用できる

要介護者の状態によっては24時間付きっ切りで面倒が必要なケースがあり、非常に大変です。いつ終わるか分からない介護問題だけに、心身ともに疲れ切ってしまいます。

そのような時は、「老人ホーム」を利用すべきです。老人ホームには「特別養護老人ホーム」「介護付き有料老人ホーム」「サービス付き高齢向け住宅」と3タイプがあります。

各施設によりデメリット、メリットがあるので事前にケアマネージャーに相談して適切なサポート受けるべきです。

老老介護問題の解決策

地域包括センターの重要性

老老介護は決して他人事ではありません。「明日は我が身」と考えて、いつかは来るシニア時代に向けて知識を増やすことが重要です。介護知識を増やすには「地域包括センター」を活用すると良いでしょう。

地域包括センターは、各自治体が高齢者やその家族をサポートするために発足した相談施設です。医療施設や各施設と高齢者を結びつけるパイプのような役割をしています。

また高齢世代に向けた寝たきり対策、認知症対策まで行っていますから介護者が知識を増やすためにも、開催される講座に積極的に参加するべきです。

お住いの地区の地域包括センターが分からない時には、介護保険担当窓口に問い合わせましょう。また地域包括センターは諸費用は一切かからず、無料で誰でも利用できます。

社会的な取り組み

今後、高齢化時代は加速していきます。それだけに社会的なサポート体制の強化は必要不可欠です。しかし現段階では残念ながら、必要なサービスを受けるべき人が100パーセント満足できる社会とはほど遠い状態です。

それでも介護保険制度をはじめ、様々な制度が出来ています。これら社会としての取り組みも少しずつ進んでいます。

今後も特養老人ホームの新設、介護要員の強化、相談窓口の増設および認知度促進、介護費用の捻出面等の社会的な取り組みが必要とされていますが、個々人として1番重要なことは、これらの情報をキャッチし利用していくということです。

まとめ

若い時苦労したら年を取ってからはゆっくり人生を楽しみたい!誰もがそう思いますが、これからの時代はそうは行きそうもありません。

若い時から介護の知識を身に付けて、来るべき老老介護に備えておきましょう。


【介護転職サイト】ランキングBest3!

第1位  きらケア

  • 求人数80,000件超
  • 介護資格取得支援
  • 派遣専門サイトもあり
  • ・求人数     ★★★★★
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★★
  • ・総合      ★★★★★
ここがおススメ!
求人数も多く、登録必須のサイト!! 
◆対応エリア  全国エリア   ◆特徴 第1位は「きらケア」です。「きらケア」は総合的に優良なサイトです。主な特徴としては、求人件数が80,000件超と業界トップレベルの件数で、特に主要都市での求人件数が多くなっています。また、独自のサービスとして、「介護職員初任者研修」の講座を無料で受けることもできます。そのため、他業種からの転職など、初めて介護に携わる場合には非常におすすめです。
     

第2位  かいご畑

  • 求人数10,000件超
  • 介護資格取得支援
  • 優良派遣事業者認定
  • ・求人数     ★★★★☆
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★★
  • ・総合      ★★★★★
 ここがおススメ!
転職すると介護資格が0円で取得できる!! 
◆対応エリア  北海道、関東、関西、北陸、東海、中国、九州地方 (北海道、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、岡山県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県)   ◆特徴 第2位は「かいご畑」です。「かいご畑」は資格取得支援制度に力を入れているサイトです。主な特徴としては、資格取得支援制度があり、転職者の資格取得支援を無料で行っているということです。未資格者が「介護職員初任者研修」の資格を無料で取れるだけではなく、介護職唯一の国家資格である「介護福祉士」の受験対策講座を受けることもできます。求人件数は10,000件程度で業界中堅クラスの件数で、対応エリアも限られていますが、エリア内の求人は充実しています。そのため、資格取得に意欲的な人には非常におすすめです。
     

第3位  スマイルSUPPORT介護

  • 求人数100,000件弱
  • 非公開求人多数
  • 人材コンサルタント
  • ・求人数     ★★★★★
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★☆
  • ・総合      ★★★★★
ここがおススメ!
業界トップレベル!求人数10万件!
◆対応エリア  全国エリア   ◆特徴 第3位は「スマイルSUPPORT介護」です。「スマイルSUPPORT介護は求人件数が多くバランスの取れたサイトです。主な特徴としては、100,000件弱の業界トップレベルの求人件数があり、特に主要都市での求人件数が多くなっています。地方についても、そもそもの求人件数が多いため、他サイトと比較すると充実しています。また、非公開求人が60,000件超あるため、他のサイトでは得られない求人情報を得ることができます。そのため、多くの求人情報からより良い職場を選択したいと考えている人は必須のサイトです。
     

番外編  きらケア介護派遣

  • 求人数20,000件超
  • 介護派遣に特化したサイト
  • 介護資格取得支援
  • ・求人数     ★★★★☆
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★★
  • ・総合      ★★★★★
ここがおススメ!
介護派遣に特化!資格支援制度もあり!
◆対応エリア  全国エリア   ◆特徴 番外編は「きらケア介護派遣」です。「きらケア介護派遣」は介護派遣に特化したサイトです。求人件数が20,000件超と介護派遣に特化しているのにも関わらず、多くの求人が掲載されています。また、姉妹サイトとして「きらケア」があり、このサイトと同様に独自のサービスとして、「介護職員初任者研修」の講座を無料で受けることもできます。そのため、「派遣」として働きたい人や介護未経験者には非常におすすめです。
 

この続きは下記の記事に詳しく書いています。こちらも参考にしてみてください。 【介護転職サイト】おすすめランキングBest10!~まとめて比較~