介護福祉士だけが介護資格じゃない!介護に役立つ便利な資格紹介

介護職の資格と言えば「初任者研修」、「実務者研修」、「介護福祉士」といったキャリアパス制度の資格が有名です。

しかし、介護の資格はそれ以外にも数多くあり、資格を取得することで業務の幅が広がっていきます。また資格取得のための勉強をすることで、深い知識を手に入れることができ、そこで得た知識は仕事に生かすことができるでしょう。

そこで今回は、介護に役立つ資格を紹介していきます。

介護の周辺を支える資格

介護事務管理士

介護事務に就くに当たって必要な資格は全部で9つあります。どの資格でもできる業務は変わりませんが、試験内容に違いがあります。

「介護事務管理士」は介護事務の仕事をする為に必要な資格の1つです。

介護事務管理士はソラスト教育サービスが試験を運用しており、内容は介護報酬の請求がメインです。請求は利用者と国民健康保険連合のどちらでもする必要があります。

要介護認定などに基づいた介護報酬の単位を計算し利用者への請求と、介護給付金の申請や支払いを行なわなければなりません。

請求時には「介護給付費明細書」を作成しなければならず、専門性が高い業務です。介護事務管理士は、介護報酬の請求をメインに勉強することができるので即戦力として働くことが可能になります。

年に6回試験があり、ユーキャンの通信講座を利用する事で在宅受験ができるのもポイントです。

福祉用具専門相談員

「福祉用具専門相談員」とは専門職の呼び名でもあり、その職に就く為の資格でもあります。専門職としての福祉用具専門員は介護保険指定の福祉用具の貸与、販売を行う事業所に2名以上の配置が義務付けられている職です。

主な業務内容として、以下の3つがあります。

  • 利用者にあった福祉用具の選定・調整
  • 福祉用具を安全使用できるように利用者と家族への説明
  • 使用後も利用者の自宅まで訪問し、福祉用具の点検・不備がないかの確認

実際に就く為には「福祉用具専門相談員指定講習」による50時間のカリキュラムを受けることが必要です。カリキュラムが終わり、修了評価を貰うことで「福祉用具専門相談員」の資格を得ることができます。介護福祉士を所持していれば、資格が無くても福祉用具専門相談員として働くことは可能です。

介護技術の向上が見込める資格

レクリエーション介護士

レクリエーションについて学びたいという現場の声を受けて、2014年に一般社団法人日本アクティブコミュニティ協会が認定開始した資格を「レクリエーション介護士」といいます。

資格を取得しても新しくできる業務が増える訳ではありませんが、レクリエーションの技術を確実に向上させることが可能です。資格には1級、2級がありそれぞれ取得条件が異なります。

2級はレクリエーションの企画の立て方、高齢者へのコミュニケーション能力を学ぶことが可能です。平均3か月程度で取得できる通信講座か、講座を行っている学校に2日間通い取得する通学講座の2種類の取得方法があります。

1級は2級の取得が最低条件で2級と異なり実習や筆記・実技試験を受けなければなりません。受講期間も4日間と長くなり、会場は神奈川か大阪のどちらかで受ける必要があります。

1級の取得条件は厳しいですが、その分取得すればリーダー的立場として活躍できる証明になります。

介護予防運動指導員

「介護予防運動指導員」は、高齢者が要介護状態にならないようにする為のケアを指導できるようになる資格です。ケアの内容は軽い運動やトレーニングなどの介護予防プログラムを通して行われます。

要介護になってからのケアではなく、介護が必要ないような身体作りの指導ができる為様々な福祉現場で活かすことが可能です。

資格の取得には条件があり、該当する資格を持っていないと研修を受けることもできません。介護関連では介護福祉士、介護支援専門員が該当し、実務者研修、初任者研修でも実務経験が2年以上あれば受講が可能です。

受講は通学のみ実施されており、31時間程度の受講時間が必要になります。受講後は修了試験もあるので講義の内容はしっかりと理解しなければなりません。

介護業務の幅を広げられる資格

喀痰吸引等研修

「喀痰吸引研修」とは介護士でも「たんの吸引」、「経管栄養」が行えるようになる資格を指します。資格を取得し、医師の指示や看護師と連携することで上記行為の実施が可能です。喀痰吸引研修は可能な行為で「1号、2号、3号」に分かれています。

1号、2号は不特定多数の利用者を対象にしていますが、3号は特定の利用者のみ行える資格になります。資格を得る為には研修と演習を受ける必要があります。

講義は50時間、それに加えて基本演習と実地演習を行わなければなりません。これは1号、2号の研修であり3号はまた違った研修になります。3号は8時間の研修と1時間の演習で合わせて9時間の基本研修を終えれば取得が可能です。

同行援護従業者養成研修

同行援護は視覚障がいがある方の外出に同行し、移動や排せつや食事などの生活介助を含む外出に必要な援助を行うことです。同行援護を行う為には「同行援護従業者養成研修」が必要になります。似たような資格に「行動援護従業者養成研修」がありますが別の資格になるので間違いないように注意が必要です。

資格を取得する為には一般課程に2日間の通学、応用過程も取るならそこから更に2日間の通学、合わせて4日間の通学が必要になります。

まとめ

介護の資格はキャリアパス制度以外にも多岐に渡ります。手当たり次第に取るよりも今後自分がどのような介護士になりたいか考えておけば、自然と必要な資格が分かってくるはずです。

資格を取得して介護士としてのスキルアップを目指して行きましょう。


【介護転職サイト】ランキングBest3!

第1位  きらケア

  • 求人数80,000件超
  • 介護資格取得支援
  • 派遣専門サイトもあり
  • ・求人数     ★★★★★
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★★
  • ・総合      ★★★★★
ここがおススメ!
求人数も多く、登録必須のサイト!! 
◆対応エリア  全国エリア   ◆特徴 第1位は「きらケア」です。「きらケア」は総合的に優良なサイトです。主な特徴としては、求人件数が80,000件超と業界トップレベルの件数で、特に主要都市での求人件数が多くなっています。また、独自のサービスとして、「介護職員初任者研修」の講座を無料で受けることもできます。そのため、他業種からの転職など、初めて介護に携わる場合には非常におすすめです。
     

第2位  かいご畑

  • 求人数10,000件超
  • 介護資格取得支援
  • 優良派遣事業者認定
  • ・求人数     ★★★★☆
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★★
  • ・総合      ★★★★★
 ここがおススメ!
転職すると介護資格が0円で取得できる!! 
◆対応エリア  北海道、関東、関西、北陸、東海、中国、九州地方 (北海道、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、岡山県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県)   ◆特徴 第2位は「かいご畑」です。「かいご畑」は資格取得支援制度に力を入れているサイトです。主な特徴としては、資格取得支援制度があり、転職者の資格取得支援を無料で行っているということです。未資格者が「介護職員初任者研修」の資格を無料で取れるだけではなく、介護職唯一の国家資格である「介護福祉士」の受験対策講座を受けることもできます。求人件数は10,000件程度で業界中堅クラスの件数で、対応エリアも限られていますが、エリア内の求人は充実しています。そのため、資格取得に意欲的な人には非常におすすめです。
     

第3位  スマイルSUPPORT介護

  • 求人数100,000件弱
  • 非公開求人多数
  • 人材コンサルタント
  • ・求人数     ★★★★★
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★☆
  • ・総合      ★★★★★
ここがおススメ!
業界トップレベル!求人数10万件!
◆対応エリア  全国エリア   ◆特徴 第3位は「スマイルSUPPORT介護」です。「スマイルSUPPORT介護は求人件数が多くバランスの取れたサイトです。主な特徴としては、100,000件弱の業界トップレベルの求人件数があり、特に主要都市での求人件数が多くなっています。地方についても、そもそもの求人件数が多いため、他サイトと比較すると充実しています。また、非公開求人が60,000件超あるため、他のサイトでは得られない求人情報を得ることができます。そのため、多くの求人情報からより良い職場を選択したいと考えている人は必須のサイトです。
     

番外編  きらケア介護派遣

  • 求人数20,000件超
  • 介護派遣に特化したサイト
  • 介護資格取得支援
  • ・求人数     ★★★★☆
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★★
  • ・総合      ★★★★★
ここがおススメ!
介護派遣に特化!資格支援制度もあり!
◆対応エリア  全国エリア   ◆特徴 番外編は「きらケア介護派遣」です。「きらケア介護派遣」は介護派遣に特化したサイトです。求人件数が20,000件超と介護派遣に特化しているのにも関わらず、多くの求人が掲載されています。また、姉妹サイトとして「きらケア」があり、このサイトと同様に独自のサービスとして、「介護職員初任者研修」の講座を無料で受けることもできます。そのため、「派遣」として働きたい人や介護未経験者には非常におすすめです。
 

この続きは下記の記事に詳しく書いています。こちらも参考にしてみてください。 【介護転職サイト】おすすめランキングBest10!~まとめて比較~