介護保険の上手な使い方

介護保険は、どんな保険か知っていますか?

恐らく介護を必要としていない人や、介護が必要になったばかりの人はよく知らないものでしょう。しかし、家族や自分自身に、いつ介護が必要になる時が来るかは分かりません。また介護が必要になったばかりの方は、必ず知っておきたいものです。

そこで今回は介護保険の基本情報から使い方まで、わかりやすく紹介します。

介護保険ってどんな保険

介護保険制度とは

介護保険を知る前に、まずは介護保険制度について理解しておきましょう。

日本は少子高齢化が急速に進む中、高齢者は年々増加しています。その高齢者が介護を必要になった時に、要介護者を家族だけで支えるのは難しくなってきています。

そこで要介護者の自立と介護する側の家族の負担を軽減するためにサポートして、要介護者と家族双方が安心できる社会を目指すために1997年12月に「介護保険法」が制定され2000年4月から施行されました。

介護保険制度には以下の3つの基本理念があります。

  1.  介護は単なる世話役ではなく要介護者の「自立支援」を目的とする
  2.  介護サービスは要介護者が自由に選択できる「利用者本位」の考え方
  3.  納めた介護保険料に応じたサービスや給付金を受け取る「社会保険方式」

介護保険は、要介護者の目線にたった形での保険だといえるでしょう。

介護保険対象者

介護保険の対象となるのは、国民の全員ではありません。年齢で制限されています。

40~64歳までが第2被保険者で、65歳になると第1号被保険者になります。つまり、たとえ39歳以下の人が要介護状態になっても介護保険の対象者にはならないのです。

また同じように、第2被保険者で介護を必要になった場合でも、国が定める16疾病以外の発症では、介護保険の対象者にはなりません。

介護保険と介護認定

第1号被保険者が介護サービスを受けるには要介護認定を受けて認可を得る必要があります。2018年介護保険制度改正で次のような見直しが行われました。

さまざまな介護サービスを受けるためには、前のチャートの申請から最終判定結果までを行い介護認定が決まります。

介護認定は各都道府県で行われていて、認定結果に地域での格差が発生している問題点が取り上げられて調査項目や審査会の結果のバラツキを防ぐために見直しが実施されました。

介護認定は次のように7段階の区分に分けられ、それぞれに利用上限額が決まっており、上限額を超えたサービス費用は100%自己負担です。

要介護認定と利用者負担額

要介護認定された時の、認定区分とそれに伴う利用上限、利用者負担額を下記の表にまとめました。

認定区分 利用上限額(円) 利用者負担額(1割)
要支援1   50,030   5,003
要支援2 104,730  10,473
要介護1  166,920  16,692
要介護2  196,160  19,616
要介護3  269,310  26,931
要介護4  308,060  30,806
要介護5  360,650  36,065

この表の通り、要介護度が高くなる(介護の必要性が高いと判定される)と保険の利用上限額が高くなります。

知って得する払い戻し制度

高額介護サービス費

介護保険は上記の認定区分の利用上限額内で介護サービスを受けられます。しかし中には「利用上限内でのサービスでは必要なサービスが受けられない」「介護費が高くて生活に影響がでる」等の問題を抱えている方もいるでしょう。

そんな時は、あまり知られていませんが、「高額介護サービス費」という制度を利用してみてください。

高額介護サービス費とは、介護保険を利用して支払った自己負担額1割もしくは2割、または3割の合計が一定金額を超えたとき、超えた分のお金が戻ってくるという制度です。同月に一定の金額を超えた場合に、申請によって支給されます。

この上限額は所得によって変わります。

高額介護サービス費上限額

高額介護サービス費の上限額は以下の通りです。

◆高額介護サービス費上限額

  1. 生活保護の方                …15,000円(個人)
  2. 世帯の全員が市区町村民税を課税されない方  …24,500円(世帯)
  3. 市区町村民税を課税されている方       …44,400円(世帯)

申請は「申請書」と「介護サービスの領収書」をそろえて市区町村の窓口に提出してください。その他にも下記のような制度があります。

  • 高額医療・高額介護合算療養費制度
  • 受領委任払制度
  • 特定入所者介護サービス費

どの制度も自己負担の軽減を目的とした払戻制度ですので、利用される前に市区町村の窓口で情報入手を行ってみましょう。

介護保険料と介護サービス

介護サービスを受けるには

介護サービスを受けるには、要介護認定を受け自分の認定区分が決定しないと受ける事はできません。

認定区分の利用限度額に伴って、ケアマネージャー(介護支援相談員)が作成する介護計画書(ケアプラン)により希望の介護サービスを受ける事ができます。

詳しくは、「要介護認定を取得するには?」をご覧ください。

介護サービスの種類

介護サービスは「居宅介護サービス」「施設介護サービス」「地域密着型サービス」が介護サービスの基本になっています。認定区分の要支援の場合、施設介護サービスは受ける事できません。サービスの項目と内容を下記の表にまとめました。

サービス項目 サービス内容 サービスの種類
居宅介護サービス 訪問看護、訪問介護など専門のスタッフが自宅を訪問してサービスを行う「訪問サービス」や、デイサービスなどの「通所介護サービス」「福祉用具レンタルサービス」など 訪問介護、訪問入浴介護、訪問看護、訪問リハなど訪問を中心の12種類サービス
施設介護サービス 「介護老人保健施設」「特別養護老人ホーム」「介護療養型医療施設でのサービス」(要介護認定3以上が利用可能) 3種類の目的のあった施設に入所してサービスを受ける
地域密着型サービス 「地域密着型グループホーム」「定期巡回サービス」「認知症高齢者だけに特化したケアのサービス」 高齢者が住み慣れた環境でサービスをうけることができる目的

介護保険料の計算と保険料支払いの時期

介護保険料はいつから支払う?

介護保険は、高齢者にとって重要な保険です。日常生活のほとんどを介護サービスでケアしている高齢者もおり、介護保険なしではやっていけません。

しかし一方で、介護保険料は生涯支払い続ける事になるため、高齢者の生活に支出面では負担になる要因でもあります。

まず日本国民の義務として介護保険の保険料の支払いが始まるのは、40歳になった時からです。

40歳から64歳の25年間は第2号被保険者として保険料を支払い、65歳になると第1号被保険者になり生涯保険料は支払わなければいけません。

介護保険料の計算方法

では介護保険の保険料はどのように計算されるのかについて紹介します。

◆介護保険料の計算方法①
[第2号被保険者] 加入している健康保険に介護保険料を上乗せして給与天引きで徴収

・給料の介護保険料=(標準報酬月額)×(介護保険料率)
・賞与の介護保険料=(標準賞与額)×(介護保険料率)

介護保険料率は健康保険組合によって異なり、協会けんぽの場合、平成29年2月分まで1.65%、平成30年3月からは1.57%

次に具体的な例を挙げます。

◆介護保険料の計算例

前提:月額報酬23万5000円、賞与42万9000円、協会けんぽに加入

保険料(平成29年3月以降)は標準報酬月額の24万円、標準賞与額は42万4000円、となり、保険料は計算式に当てはめると次の通りです。

(240,000+424,000)×1.57%=10,268

この介護保険を会社と従業員とで折半するため、それぞれの負担額は5,134円

続いて、65歳以上の第1号被保険者の方の場合です。

◆介護保険料の計算方法②

[第1号被保険者] 第1号被保険者の介護保険料は、標準は9段階ですが、市区町村や特別区ごとに、収入によって段階別に決められる

基準額や保険料率が独自に決められていますので、全国の自治体によって保険料は異なります。参考までに全国平均保険料を紹介します。

■全国平均介護保険料

[2000年~2002年] [2003年~2005年]  [2006年~2008年]
2,911円 3,293円 4,090円
[2009年~2011年] [2012年~2014年] [2015年~2017年]
4,160円 4,972円 5,514円

まとめ

介護サービスは要介護者にとっても、またその家族にとっても生活の一部としてなくてはならないものです。特に介護する家族にとっては、先の見えない介護の負担軽減のために重要な位置づけとなります。

介護保険を良く理解し、有効に利用していきましょう。


【介護転職サイト】ランキングBest3!

第1位  きらケア

  • 求人数80,000件超
  • 介護資格取得支援
  • 派遣専門サイトもあり
  • ・求人数     ★★★★★
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★★
  • ・総合      ★★★★★
ここがおススメ!
求人数も多く、登録必須のサイト!! 
◆対応エリア  全国エリア   ◆特徴 第1位は「きらケア」です。「きらケア」は総合的に優良なサイトです。主な特徴としては、求人件数が80,000件超と業界トップレベルの件数で、特に主要都市での求人件数が多くなっています。また、独自のサービスとして、「介護職員初任者研修」の講座を無料で受けることもできます。そのため、他業種からの転職など、初めて介護に携わる場合には非常におすすめです。
     

第2位  かいご畑

  • 求人数10,000件超
  • 介護資格取得支援
  • 優良派遣事業者認定
  • ・求人数     ★★★★☆
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★★
  • ・総合      ★★★★★
 ここがおススメ!
転職すると介護資格が0円で取得できる!! 
◆対応エリア  北海道、関東、関西、北陸、東海、中国、九州地方 (北海道、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、岡山県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県)   ◆特徴 第2位は「かいご畑」です。「かいご畑」は資格取得支援制度に力を入れているサイトです。主な特徴としては、資格取得支援制度があり、転職者の資格取得支援を無料で行っているということです。未資格者が「介護職員初任者研修」の資格を無料で取れるだけではなく、介護職唯一の国家資格である「介護福祉士」の受験対策講座を受けることもできます。求人件数は10,000件程度で業界中堅クラスの件数で、対応エリアも限られていますが、エリア内の求人は充実しています。そのため、資格取得に意欲的な人には非常におすすめです。
     

第3位  スマイルSUPPORT介護

  • 求人数100,000件弱
  • 非公開求人多数
  • 人材コンサルタント
  • ・求人数     ★★★★★
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★☆
  • ・総合      ★★★★★
ここがおススメ!
業界トップレベル!求人数10万件!
◆対応エリア  全国エリア   ◆特徴 第3位は「スマイルSUPPORT介護」です。「スマイルSUPPORT介護は求人件数が多くバランスの取れたサイトです。主な特徴としては、100,000件弱の業界トップレベルの求人件数があり、特に主要都市での求人件数が多くなっています。地方についても、そもそもの求人件数が多いため、他サイトと比較すると充実しています。また、非公開求人が60,000件超あるため、他のサイトでは得られない求人情報を得ることができます。そのため、多くの求人情報からより良い職場を選択したいと考えている人は必須のサイトです。
     

番外編  きらケア介護派遣

  • 求人数20,000件超
  • 介護派遣に特化したサイト
  • 介護資格取得支援
  • ・求人数     ★★★★☆
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★★
  • ・総合      ★★★★★
ここがおススメ!
介護派遣に特化!資格支援制度もあり!
◆対応エリア  全国エリア   ◆特徴 番外編は「きらケア介護派遣」です。「きらケア介護派遣」は介護派遣に特化したサイトです。求人件数が20,000件超と介護派遣に特化しているのにも関わらず、多くの求人が掲載されています。また、姉妹サイトとして「きらケア」があり、このサイトと同様に独自のサービスとして、「介護職員初任者研修」の講座を無料で受けることもできます。そのため、「派遣」として働きたい人や介護未経験者には非常におすすめです。
 

この続きは下記の記事に詳しく書いています。こちらも参考にしてみてください。 【介護転職サイト】おすすめランキングBest10!~まとめて比較~