要介護認定を取得するには?

「要介護認定」についてご存じですか?

身内の方で介護サービスが必要になった時、介護保険の要介護認定が必要です。

介護はいつ必要になるかわかりません。そんな時のためにこれから要介護認定の取得方法についてわかりやすく紹介します。

高齢化社会と介護

現在、日本国内は超高齢化社会です。これから先も高齢化はますます深刻な問題となっていきます。

2018年11月1日総務省統計局人口推計の確定値は以下の通りです。

  1. 日本総人口                 …1億2645万3千人
  2. 65歳以上人口          …3,559万6千人
  3. 高齢化率          …1%
  4. 要介護認定者数          …7千人
  5. 対65歳以上高齢者比  …7%

このデータでわかるように、総人口の3割近くが65歳以上の高齢者で、その高齢者うち約2割の高齢者が要介護認定者であることがわかります。

さらにこの調査結果では2060年頃には総人口が1億を割り込む8000万人になり、高齢化率も40%近くになると予測されています。

そんな超高齢化社会では「独居生活」、「老老介護」、「孤独死」、「認知症」などさまざまな高齢者に関しての問題が発生する可能性が高くなります。

これらの問題の共通点として考えられるのが「介護」です。2000年に社会全体で高齢者を支える目的で「介護保険制度」が整備されました。

介護保険制度と要介護認定

介護保険制度とは

皆さんの中には「親は元気なので介護などまだ遠い存在」だと思っている方がいませんか?

しかし、介護はいつ、どのタイミングやってくるかわかりません。

高齢化が進む中で、突然介護離職をするような事態がやってくることも大いにあり得ます。そんな時のために介護保険制度について知っておく必要があります。

高齢化社会になって、介護が必要とされる要介護者を、家族だけで支えるのは難しくなっています。そこで、要介護者の自立をサポート、また介護する家族の負担を軽減できるよう支援することで、介護者・利用者の双方が安心して生活できる社会を目指していけるように、1997年12月に「介護保険法」が制定されました。

介護は、決して要介護者の単なる世話役ではありません。あくまでも要介護者の「自立支援」を目的とした「利用者本位」を基本として社会全体で高齢者を支える仕組が介護保険の基本的理念です。

介護保険は65歳になると「第1号被保険者」40歳~64歳までは「第2号被保険者」資格を得ます。つまり39歳以下の人は、たとえ要介護状態になったとしても、介護保険を利用できません。また第1号被保険者で、介護が必要になった場合、介護保険証だけでは介護サービスを受ける事はできません。

介護サービスを受けるためには、要介護認定を以下の手順で申請して認可されなければなりません。

第1号被保険者が、介護が必要である場合、要介護認定を受けると、その程度によって、日常生活の支援や介護のサポートを受ける際に介護給付を受けることができます。

要介護認定取得手順

要介護認定を受けるには、以下の手順で手続きをする必要があります。

要介護認定の公平化

介護サービスには訪問介護をはじめとして、さまざまサービスがあります。そのさまざまなサービスを受けるには、要介護認定が無ければならないと言っても決して過言ではありません。

しかし要介護認定についてはさまざまな問題も取り上げられています。特に認定調査については、各都道府県の基準にバラツキが生じており、問題になっていました。

今後もますます要介護認定の申請者が増加するにあたって、要介護認定を公平化する必要性が出てきました。

そのための見直しが行われ、次のような内容になりました。

[変更点と疑問]

1.要介護認定のバラツキを減らし、公平性をたもつため、本人を訪問しての調査は調査時の状態をありのままを見る方法に変わります。

2.今回の見直しで要介護度の仕組みそのものが変わってしまうのではないか?

→要介護度は病気などの重症度ではなく、必要とされる介護の量で決まります。要支援1~2、要介護1~5は変わりません。

3 今回の見直しはどのような観点から行われたのか?

→認定審査は、ご本人が生活をするうえでどれほど介護に手間がかかるかを判定するもので、今回の見直しで最新のデータに基づいてより正確な介護の手間が判定できるようになります。認定結果のバラツキを減らして要介護認定を公平なものにしました。

要介護認定区分とは

要介護認定区分は7段階に分かれる

認定調査、主治医の意見書に基づいた審査会で認可された認定区分が各家庭に届きます。認定区分は全部で7区分あります。

区分ごとに介護サービスを受ける際の利用上限額が設定されています。その利用上限額以上のサービスを受けた場合は自己負担です。

設定区分と利用上限額及び自己負担金額は次のようになります。

認定区分 利用上限額 利用者負担(1割の場合)
要支援1   50,300円   5,030円
要支援2 104,730円 10,473円
要介護1 166,920円 16,692円
要介護2 196,160円 19,616円
要介護3 269,310円 26,931円
要介護4 308,060円 30,806円
要介護5 360,650円 36,065円

要介護認定区分通知

認定審査会で決定した認定区分が自宅に介護保険被保険者証として郵送されます。これで介護サービスを利用限度額以内で利用できます。

しかし、認定区分が決定しても介護認定だけでは介護サービスを受ける事はできません。サービスを受けるには次のよう手順が必要です。

要介護認定決定から介護サービスまで

要介護認定決定から介護サービスまでは次の流れで進みます。

 

ケアマネジャーとは居宅介護支援事業所所属する介護支援相談員のことで、介護サービスを受けるにはケアマネジャーが作成したケアプランが必要です。

またケアマネジャーはサービス開始後も各種相談にのってくれます。特に要介護認定の更新の時はケアマネジャーが同席して認定調査が行われます。

まとめ

要介護認定についてお分かりいただけたでしょうか。介護は突然やってくることもあります。

そんな時に適切な対応ができるように、介護サービスを受けるまでの流れを十分に知っておくことは、家族の重要な役割ではないでしょうか。

もし身近な方に、介護の必要性が出てきたなと感じたら、今回の記事を参考に、要介護認定の取得をしてみてください。


【介護転職サイト】ランキングBest3!

第1位  きらケア

  • 求人数80,000件超
  • 介護資格取得支援
  • 派遣専門サイトもあり
  • ・求人数     ★★★★★
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★★
  • ・総合      ★★★★★
ここがおススメ!
求人数も多く、登録必須のサイト!! 
◆対応エリア  全国エリア   ◆特徴 第1位は「きらケア」です。「きらケア」は総合的に優良なサイトです。主な特徴としては、求人件数が80,000件超と業界トップレベルの件数で、特に主要都市での求人件数が多くなっています。また、独自のサービスとして、「介護職員初任者研修」の講座を無料で受けることもできます。そのため、他業種からの転職など、初めて介護に携わる場合には非常におすすめです。
     

第2位  かいご畑

  • 求人数10,000件超
  • 介護資格取得支援
  • 優良派遣事業者認定
  • ・求人数     ★★★★☆
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★★
  • ・総合      ★★★★★
 ここがおススメ!
転職すると介護資格が0円で取得できる!! 
◆対応エリア  北海道、関東、関西、北陸、東海、中国、九州地方 (北海道、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、岡山県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県)   ◆特徴 第2位は「かいご畑」です。「かいご畑」は資格取得支援制度に力を入れているサイトです。主な特徴としては、資格取得支援制度があり、転職者の資格取得支援を無料で行っているということです。未資格者が「介護職員初任者研修」の資格を無料で取れるだけではなく、介護職唯一の国家資格である「介護福祉士」の受験対策講座を受けることもできます。求人件数は10,000件程度で業界中堅クラスの件数で、対応エリアも限られていますが、エリア内の求人は充実しています。そのため、資格取得に意欲的な人には非常におすすめです。
     

第3位  スマイルSUPPORT介護

  • 求人数100,000件弱
  • 非公開求人多数
  • 人材コンサルタント
  • ・求人数     ★★★★★
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★☆
  • ・総合      ★★★★★
ここがおススメ!
業界トップレベル!求人数10万件!
◆対応エリア  全国エリア   ◆特徴 第3位は「スマイルSUPPORT介護」です。「スマイルSUPPORT介護は求人件数が多くバランスの取れたサイトです。主な特徴としては、100,000件弱の業界トップレベルの求人件数があり、特に主要都市での求人件数が多くなっています。地方についても、そもそもの求人件数が多いため、他サイトと比較すると充実しています。また、非公開求人が60,000件超あるため、他のサイトでは得られない求人情報を得ることができます。そのため、多くの求人情報からより良い職場を選択したいと考えている人は必須のサイトです。
     

番外編  きらケア介護派遣

  • 求人数20,000件超
  • 介護派遣に特化したサイト
  • 介護資格取得支援
  • ・求人数     ★★★★☆
  • ・使いやすさ   ★★★★☆
  • ・サービス    ★★★★★
  • ・総合      ★★★★★
ここがおススメ!
介護派遣に特化!資格支援制度もあり!
◆対応エリア  全国エリア   ◆特徴 番外編は「きらケア介護派遣」です。「きらケア介護派遣」は介護派遣に特化したサイトです。求人件数が20,000件超と介護派遣に特化しているのにも関わらず、多くの求人が掲載されています。また、姉妹サイトとして「きらケア」があり、このサイトと同様に独自のサービスとして、「介護職員初任者研修」の講座を無料で受けることもできます。そのため、「派遣」として働きたい人や介護未経験者には非常におすすめです。
 

この続きは下記の記事に詳しく書いています。こちらも参考にしてみてください。 【介護転職サイト】おすすめランキングBest10!~まとめて比較~

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。